水道水は危ない!

発がん性物質がふくまれている水

飲み続けたら健康を害する危険性があるのです

蛇口をひねるといつでも出てくる水。ですが、消毒するために塩素が大量に加えられているというのは誰もが承知の事実です。
では、トリハロメタンという名前を耳にしたことがあるでしょうか?

日本の水道水は塩素で消毒することによって、トリハロメタンという発がん性の有害物質を生み出してしまいました。
トリハロメタンは、体内に入ると中枢神経や肝臓、腎臓などに負担がかかります。
また、アトピー性皮膚炎や喘息、疲労感が増し流産の可能性が格段に高まるという研究結果もあります。
生活排水からの水質汚染も深刻な問題で、その大量の汚水を浄化するために大量の塩素を用い、そのため大量のトリハロメタンが発生するといった悪循環を生み出してしまっているのです。

日本は世界でも群を抜いて塩素の注入量が多い国です。
過剰な「キレイ信仰」ばかりに気をとらわれないようにするのが私達の課題の一つですね。