水は体の中でどのように働くのか?

体を健康に導く8つの作用

医学的な根拠に基づいた水の絶大な効果がすごい

水を体内に取り入れるということは、大きく8つの作用が働きます。

1.発汗
 水の最も重要な働きの一つが発汗作用です。発刊することによって、体温調節をする私達の体。
 発汗作用は解熱効果ももたらします。

2.新陳代謝の促進
 水は血液やリンパ液になって細胞の生まれ変わりを支え続けています。同時に、老廃物となった古い細胞を体内に出しているのです。

3.解毒・希釈
 水には体内に入った有害な物質を分解する解毒作用や、毒性を薄める希釈作用があります。
 環境汚染物質、発がん性物質などを避けにくくなっている現在では、水分を十分に摂取して積極的に有害物質を排出させることが重要です。
 
4.鎮静
 緊張した時や興奮時、ストレスが強い時などは脳も興奮状態になっています。
 コップ1杯の水をゆっくりと飲むことで、脳に集まった血液が胃に流れることで気持ちが落ち着きます。
 
5.入眠
 鎮静作用と同様に、コップ1杯の水をゆっくりと飲みましょう。緊張感がほぐれ、心地良い入眠を助けてくれます。

6.覚醒
 よく冷えたお水は覚醒作用があり、体内を活性化させてくれます。
 寝起きの一杯は消化器が程よく刺激され、美味しく朝食が食べられます。

7.利尿・排便
 体中の不要な老廃物を外に出すことにより、体内を浄化し循環を整えてくれます。
 便秘症の原因のほとんどは水分不足です。

8.血液の循環促進
 ドロドロの血液は脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。
 水分をしっかり体内に取り入れることにより、体内環境が整い、さまざまな生活習慣病から体を守ります。

人間の体は約60兆個の細胞から形成されていると言われています。
水はその細胞たちが健全に働けるように支えてくれているんですね。