ストレス社会に多い胃酸過多・過敏性下痢症を抑えるコップ一杯の水!

イライラしたら、カルシウム入りの天然水

昔から日本人は胃酸の少ない民族と言われていましたが近年、ストレスの多い社会のためか、胃酸の分泌が以上に多い人が増え、胃酸過多や胃潰瘍になるケースが目立ちます。
ストレスの溜め込みすぎは、交感神経が働き続けてしまい必要以上に胃酸が分泌されてしまうのです。

胃の中の酸度を低くし、胃酸の刺激を和らげるにはアルカリ度の高い水がとても効果を表します。

一方、過敏性下痢症もストレスが関係する症状で、緊張したりお酒を飲んだりなど、心身の少しの変化で下痢を起こしてしまいます。
最近この症状に悩んでいる人が少なくありません。

過敏性下痢症の予防には、コップ一杯の水をゆっくり飲むこと。

水には気持ちを落ち着かせる作用があり、なかでもカルシウムの多い天然水には、精神的不安を落ち着かせる働きがあるのです。
緊張、イライラを強く感じる時は、カルシウムを程よく含む天然水を選んで飲むとよいでしょう。

ストレスの多い生活を送っている現代人は、日頃からアルカリイオン水や抗酸化力のあるアルカリ性の天然水をのんで、活性酸素を抑え、弱った細胞を活性化させることが大切ですね。