体内環境を弱酸性に戻す?慢性疲労にはアルカリイオン水とサルフェート入りの水!!

積極的に体内デトックスをしましょう

睡眠をとっているのにまだ体がだるいなど、倦怠感が続くことを、慢性疲労といいます。
慢性疲労に陥っているとき、体内は乳酸菌がたまり、体は酸性に傾いています。
この乳酸がたまった状態を続けると、肩こりや頭痛、パニック障害を引き起こすこともあります。

体内環境が酸性になった状態を本来の弱アルカリ性に戻すためには、アルカリイオン水を飲んで体内を中和させるのが効果的です。
新陳代謝が活性化されて疲労感が消えていきます。

即効的に疲れを取りたい時は炭酸水を飲み、長期的にはアルカリイオン水を飲むことが疲れ知らずの体を作る理想的な飲み方です。

さらに積極的に疲労を溜めないからだにするためにサルフェート入りの水を毎日飲み、さいぼうを活性化して疲労を回復させましょう。
ヨーロッパ産の天然水には、このサルフェートを豊富に含んだ水が多くあります。
サルフェートには、有毒物質や血液中の老廃物を体外に出し、新陳代謝を高める作用があるのです。
つまり、体内デトックス(毒出し)を積極的にうながしてくれる成分なのです。