水を飲んで脳梗塞・心筋梗塞を防ぐ

脳梗塞・心筋梗塞など、動脈硬化を基板とする血管障害は、水で予防できることを知っていましたか?

動脈硬化とは、コレステロールや中性脂肪などがたまることにより血管が詰まったり、硬くなって、血流がスムーズにいかなくなる症状のことです。

カルシウムが多く含まれている天然の水は、イオン化されており粒子が細かく、体内へほぼ100%吸収されます。

つまり、カルシウムの多く含まれている硬水を日常的に飲んでいれば、動脈硬化の予防になり、大切な命を守ることにもつながるのです。