運動後の脱水症状とは?

運動後の水は危険!

激しい運動をして汗をかいた後は、水分と同じく塩分も体外に出てしまいます。
運動後に水を飲んだりしますが、その直後には運動で外に出たほどの水は飲むことができません。
これは、水分と同じく塩分も失っているので、あまり水分だけを補給すると体内の塩分が薄まってしまうため、脳がストップをかけているのです。
つまり、激しい運動で汗を大量にかいた後に飲むのは真水では良くないということです。

運動後には塩水を含んだスポーツドリンクで体外に出た塩分も同時に補給するようにしましょう。