妊娠中ママ必見!赤ちゃんの健康を水で守る!!

体内の毒物を洗い流し、健康な赤ちゃんを育てる

妊娠中に母親が体に取り入れるものは、全て羊水にいきます。
ジュースやコーヒーなど、飲んだあと1分で赤ちゃんに到着してしまうのです。
飲み物と食べ物が不適当なものであれば、「羊水をわずか1分間で汚してしまう」こと。
食べ物に含まれる毒物は、体内の胆腿組織に蓄積されるので、毎日、体内に貯り込む飲み物や食べ物に、配慮する必要があること。
おなかの赤ちゃんに悪い水を飲ませてはいけないということなのです。

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんや子供を抱えて苫労しているお母さんたちから聞き取り調査をした結果、ブドウ糖やショ糖で甘く昧つけられたジュースやコーラの類を、妊娠前から大量に飲んでいたことがわかりました。

食生活を見直して〈カラダにいい水・脳にいい水〉を飲むことを心がけることが、生まれてくる赤ちゃんをアレルギー体質から救うことができるのです。